入浴の健康法

入浴の健康法

夏の暑い時期、ついついシャワーだけで簡単に汗を流してしまいがちです。しかし、この時期にも浴槽につかることで、身体に多くの良い影響をもたらしてくれるのです。

 

熱いお湯ではなく、体温より少し高い水温(38~40度)に長めに入浴することで、代謝が高まります。代謝が高まれば、ダイエット効果も大いに期待できます。

 

以前は半身浴が身体によいと言われていましたが、いちばん大事なのは全身がまんべんなくあたたまることです。半身浴にこだわるよりも身体の冷えが残った状態でお風呂からあがることのないよう、注意しましょう。

 

浴槽の中では、脚や腹部をマッサージしたり、ストレッチなどの運動を取り入れたりすることでより代謝を促進します。なお、交感神経を高めたい朝に入浴するときは、仕上げに冷たい水を、まずは足にかけ、お風呂のお湯と水とを交互に身体に数回かけるとよいと言われています。副交感神経を高めたい夜に入浴するときは、この必要はありません。

 

寝る直前の入浴は避け、夕食前の入浴を習慣づけることで睡眠の質があがります。

それから寝る前はまつ毛美容の時間です。